ケージの外に出してみた

今日は文鳥がケージから出してほしそうな動きを見せる。

「ピッ!ピッ!」と鳴きながらケージのドア部分と止まり木を何度も行ったり来たりと繰り返していたのでちょっとだけ出してみました。

 

鳥をケージから出した時って勝手に飛び回って呼んでも戻ってこないようなイメージが自分の中ではあったのですが、出してみると自分にくっついたまま離れようとしませんw

ケージの中にいた時は激しく飛び回っていたのに、出して腕の辺りに飛んできたあとは丸くなって餅みたいな状態で眠そうにしていたので、ただ構ってほしいだけだったのかな?

この状態になった後は体のどこを撫でても気持ちよさそうにしてくれるので、いつも触ろうとすると逃げられるクチバシとか頭を撫でたりとか好き放題にしちゃいました。

べったりくっつかれるのは嬉しいですね…!

 

ちなみに、毎日気になってみている水浴びはもうしっかり出来るようになりました!

容器を取り付けるとすぐ入ってくるので警戒も解けたみたいです。